ぜいたくレッドスムージーは妊娠中に飲んでも大丈夫?危険性や副作用はある?

ネットやSNSなどで話題騒然のダイエットドリンク「ぜいたくレッドスムージー」ですが、妊娠中や授乳中のママさんにも安心して飲める商品なのかも気になるところです。

妊娠中や出産間もない時期には運動や食事制限が出来ないため、ただ飲むだけでOKな同品が利用出来れば、産前・産後の健康維持やダイエットなどにも大いに役立ってくれそうです。

そこで今回は、ぜいたくレッドスムージーが妊娠中や授乳中でも問題なく使用出来るのかを調査してみました。

ぜいたくレッドスムージーは妊娠中に飲んでも大丈夫なのか?

結論から言うと、ぜいたくレッドスムージーは妊娠中・授乳中のママさんが飲んでも特に問題は無いようです。

ぜいたくレッドスムージーの販売メーカーに問い合わせをしてみたところによれば、むしろ酵素や乳酸菌、ビタミンなどが豊富に含まれているので、母体の健康維持や美容向上に高い効果が期待出来るそうです。

妊娠中はホルモンバランスや体調が崩れやすく、体の巡りも弱まって便秘や肌荒れなどのトラブルが発生しやすい時期です。

この時期に酵素ドリンクであるレッドスムージーを飲めば、内臓の働きが活発になり代謝アップに繋がる他、赤ちゃんに必要な栄養素を補える事で、母子ともに健康な身体作りを行う事も出来ます。

ぜいたくレッドスムージーの危険性は?

ぜいたくレッドスムージーに使われている原材料は、私たちが普段から口にするような野菜や果物といった食物成分です。

そのため、基本的には妊娠中であっても無くても危険性などは特にありませんが、限られた状況によって引き起こされてしまう可能性のあるものを、一応以下にピックアップしてみました。

食物アレルギー

成分的には安全性の高い商品ですが、配合成分にアレルギーをお持ちの方はご使用いただけません。

ぜいたくレッドスムージーにはアレルギー特定表示食品27品目にも含まれる「大豆」や「りんご」などの食材も使われており、酵素の種類254種と非常に多いことからアレルゲンの把握が難しい面があります。

兎にも角にも、アレルギーをお持ちの方は、まずお医者さんにご相談の上で使用していくのが良いでしょう。

薬との飲み合わせ

ぜいたくレッドスムージーはお薬では無いので、特に他のお薬との飲み合わせを気にする必要はありません。

しかし、腎臓疾患などの一部の持病をお持ちの方は、ミネラルなどの一部の栄養素の摂取制限があったり、一部の降圧剤を処方されている方などは、薬の効果が変質してしまう可能性があるため、ぜいたくレッドスムージーをご使用になれない場合があります。

市販のお薬であれば特に問題はありませんが、病院からお薬を処方されている方は、必ず医師の承諾を得てからぜいたくレッドスムージーを飲み始めるようにしましょう。

ぜいたくレッドスムージーは副作用がある?

基本的にぜいたくレッドスムージーに副作用はありませんが、使用者の体質などにより特別な症状が引き起こされる可能性があります。

好転反応による諸症状

ぜいたくレッドスムージーを使い始めて間もないうちは、下痢や発熱、吐き気などの悪症状が引き起こされてしまう事も稀にあるようです。

これは体質が良い状態に改善されていく過程で、内臓機能の活性化などに身体が付いていけていない事によるものです(好転反応)。

こういった症状は、身体がぜいたくレッドスムージーの働きに慣れていくうちに改善されていきますので、基本的にはそのまま使用を続けていただいても問題はありません。

下痢などが長く続く場合には要注意!

下痢や吐き気などの好転反応による諸症状は、通常であれば数日から1週間程度で改善されていくものです。

そのような悪症状が上記の期間以上に長く続く場合には、ぜいたくレッドスムージーが身体に合っていない可能性があります。

そのような場合は一旦ぜいたくレッドスムージーの使用を中断し、かかりつけの病院で相談してみる事をオススメします。

…とはいえ、ぜいたくレッドスムージーには大きな副作用などの報告はされていませんので、そこまで不安に考える必要も無いでしょう。

贅沢レッドスムージーの口コミはこちら>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする